(前の報告の続きです)

 白井さんグループ(6人さま)と一緒に、次に向かったのは、熱海温泉の神さま、大湯間欠泉~湯前神社。ゴーッという音とともに突然吹き上がった大湯・間欠泉は驚きです。その昔は1日6回噴出していたそうですが、やがて停止し、今では人工的に(観光用途)で5分おきに噴出と停止をくり返しています。
 そして湯前神社をご案内。神社境内では、先に執り行われた例大祭(湯汲み道中)の写真をお見せしましたが、大変喜んでいただきました。また鳥居くぐって右手に鎮座する、石で彫られた少彦名命(すくなひこなのみこと)像も凛々しくて見ごたえがありました。

 大湯・日航亭前で徳川と熱海温泉の関係を説明した後、延命堂で一休み。こちらは温泉まんじゅうの元祖ですね。温泉蒸気を利用してまんじゅうを作り始めたのが大正時代。百年近い昔なのだそうです。
 熱海駅を出発してから街中を巡って延命堂までの距離は約1.3km。ゆっくりゆるゆる歩いたのですが、それでも疲れましたね。そして昭和25年の熱海大火でも生き残った、ニューフジヤホテルのナツメヤシの説明をしているとちょうど12時。
 
 そのあと初川沿いにある芸妓見番を見学。120人ほども芸妓さんが所属する熱海の芸妓見番では、毎週土日の午前11時から「湯めまちをどり華の舞」が開かれます。芸妓連の踊りのほか、地方(三味線等の演奏)も当然、生(ナマ)です。残念ながらこの日は、そっと舞台をのぞき見させていただきましたが、ちょっと未練が残りましたね。
 「華の舞」の説明をしたところでちょうど昼ごはんの時間。発川沿いにある寿司屋さんで食事です。食事時間の間は、熱海の話しというより、お客様と今日のガイド担当者が同郷ということもあって、ふるさとの話で盛り上がってしまいました。

 昼食後は海岸通に出て、ジャカランダ、サンビーチ、貫一・お宮と歩き、お宮の松前で解散。白井さんご一行は、バスに乗って熱海駅に戻られました。この日の移動距離は約2.5km、お疲れ様でした。

yukemuri▲5分に1回、轟音とともに吹き上がる大湯・間欠泉

sukunahikona▲湯前神社の守り神、少彦名命(すくなひこなのみこと)の像。珍しいのは妻子ともに彫られていること。このいわれを知りたいですね

1022-4▲元祖温泉まんじゅうの延命堂さんでひと休みのご一行

kenban▲芸妓見番をちょっと覗かせていただきました。普段の日も、芸妓さんたちが本番にもまして真剣な表情で稽古に励みます

1022-5▲コース最終ポイントは貫一お宮の像の前。皆さんには2.5kmも歩いていただきました、お疲れ様でした!

※本サイト掲載のお客様写真はすべて皆様の同意をいただいています。