熱海の春日町の丘(熱海駅を出て左手の丘の上)の相模湾を望む高台に、国の重要文化財である「旧日向家熱海別邸」が静かに佇んでいます。アジア貿易を営んでいた日向利兵衛の依頼により、ドイツの建築家ブルーノ・タウトが設計した「まぼろしの地下室」と呼ばれる施設で、土・日・祝日に一般公開されています。この建物は、「梅」と「月」を意識されて作られていることから、玄関前と屋上庭園には、数本の老梅が植えられており、渡辺仁の設計による前庭の梅は、和風の住宅を背景に現在見事な花をつけ(2月1日)、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

<旧日向邸・見学>
・入館料:大人300円、中・高校生200円、小学生以下は無料、但し保護者同伴
・開館日:毎週土・日曜日及び祝祭日
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(最終入館は午後3時00分)
 ※9:30、10:30、11,30、13:00、14:00、15:00の6回に分けて各回定員10人の予約制。
 (各回10分前から入館可)
・予約方法:先着順で受付
・連絡先:0557-81-2747(開館日のみ)

●熱海市による案内サイトはこちら
http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=641

旧日向別邸・梅
▲日向別邸庭の梅が見ごろを迎えました