熱海在住の画家、酒井理恵子さんの新作絵葉書「熱海百景」が仕上がりました。何年にもわたって描き続けている「熱海百景」も今回で30作目。(お疲れさんです) 今回の作品タイトルは「ハーブ・ローズガーデンより魚見崎あたり」。
ローズガーデンは初夏のころ、薔薇の花が見事です。この絵葉書、よく見ると、沢山の薔薇のほかに、幾つもの季節の花が描かれているけれど、ちょっとユニークなものを見つけてしまいました。アリウム・ギガンチュームと言うんだね。大きな紫色のポンポン球。初めてこれを見たとき、わが頭上に?(はてな)マークがいっぱい。
広々とした「ハーブ・ローズガーデン」ですが、HPを調べたら、20万坪もあるんですと。東京ドームが7個ほど入る大きさ。