当地、熱海の話題ではなくてごめんなさい。

8月5日、熱海の海上花火大会をさしおいて、当会員:M・Yは横浜に行ってきました。親しい人がプランニングした「山手ビール歴史さんぽ」のまち歩きガイドさんが「横浜シティガイド協会(YGC)」創設者である嶋田昌子先生だったのです。

嶋田先生は、5年前にさかのぼりますが、熱海まち歩きガイドの会・中級講座の講師としてお招きし、「ガイドの育成」というテーマでお話をしていただきました。そのご縁をたどってみようと思ったわけです。ちなみYGCは参加者100名を越える大所帯で、年間1万人以上の方々に横浜を案内しているそうです。あやかりたいとも思ったわけです。さすがに大ベテラン嶋田先生、「へぇー!」を連発する聞き応えのあるさんぽとなりました・・・。

ここで、いきなり問題です!

キリンビールのラベルに描かれた麒麟(きりん)のイラスト制作者は、

    (1)日本人 (2)中国人 (3)それ以外

正解は(3)です。お茶の輸出業を営んでいたバーナードさんという人の作品なんですね。明治22年のことだそうです。

「山手ビール歴史さんぽ」集合場所は、みなとみらい線・元町中華街駅6番出口からエレベーターで上がったアメリカ山公園。かつて外国人居留地であり、いまもたくさんの外国人が暮らす横浜・山手は、わが国初の本格的なビール工場が誕生した場所だったのですね。その、ビール工場跡地や、醸造技師コープランド氏(ノルウェー出身のアメリカ人)が眠る外国人墓地などをめぐるツアーですね。

またこの日は、神奈川新聞花火大会開催日。さんぽ終了後は、お約束、ビアガーデンでビールを一杯。暮れなずむ空にパーンと大輪の花が咲きました。マリンタワーで真っ二つ!というのも面白い風情。

20140805-01

国産ビール発祥の地は、横浜・山手だった

20140805-02

横浜外国人墓地資料館で説明する横浜ガイドクラブ嶋田さん

20140805-02b

キリンビールの開発者が眠る外人墓地で

20140805-03

山手十番館では、ビール作りに欠かせないホップ栽培が

20140805-04

この日の夕方、アメリカ山公園ではフラ大会も

20140805-05

横浜大桟橋から打ち上げられる大輪の花火がマリンタワーの向こうに大きく開いた