熱海高校正門から、少し下ったところにこのサクラがあります。

昭和42年当時、ネパールのビレンドラ皇太子(国王)が東京大学に留学中、伊東市をご訪問された折、熱海の桜と梅の種子を献上し、その返礼として翌年ネパールより「ヒマラヤザクラ」の種子が送られてきました。この種子を育成しこの地に植えられたものです。