熱海の街を熟知した観光ボランティアガイドと一緒に、のんびりとしたまち歩きを楽しみませんか。

「MOA美術館アートウォーク2019」8月7日(水)実施

  • HOME »
  • 「MOA美術館アートウォーク2019」8月7日(水)実施

 静岡県民の日(8/21)を記念して当会では特別イベント「MOA美術館アートウォーク2019」を開催します。一昨年2月リニューアルオープンしたMOA美術館。広大な庭園と、そこに建てられた建築物を、説明員の方々と一緒に歩き、展示物や建築物の見どころ、鑑賞に役立つ楽しいエピソードなどに耳を傾けていただきます。

 今回は、特別企画として「光琳屋敷」(復元)を見学します。「光琳屋敷」は、尾形光琳がその最晩年、自らが書いた図面に基づき京都に建てた屋敷で、MOA美術館が史料に従って復元した歴史的価値のあるものです。尾形光琳はこの屋敷で、晩年の最高傑作、国宝「紅白梅屏風図」を描いたと言われています。(※通常、光琳屋敷は一般公開しておりません)

■実施日
 8月7日 (水)★雨天決行です
■集合場所
 MOA美術館1F入口(エスカレーター前)集合。雨天決行
 ※MOA美術館へは熱海駅発バス(8番乗場)が便利です
 ※発車時間:08:26、08:53があります。(運賃170円)
■時間
 集合  :午前9時半
 スタート:午前10時
 修了  :午後12時頃
■募集
 30名(先着順です、お早めにどうぞ!)
■参加費
 1.800円(特別協賛価格)
 ※MOA美術館のご厚意による本イベント限定のお値段です
■イベント内容(お楽しみ満載!)
 (1) ようこそMOAへ(館内施設説明+展示作品説明)
 (2) 光琳屋敷 内部を見学(通常は非公開です)
 (3) 特別展「井上涼展 夏休み! BYOBU びじゅチュ館」の鑑賞
 (4) 自由鑑賞(茶室 一白庵、黄金の茶室、片桐門、ムア広場etc.)各所
■申込法
 (1)メール:info@atamimachiaruki.net
 (2)FAX:0557-48-7273(事務局)
 (3)電話:080-4069-4141事務局)
■後援
 熱海市熱海市観光協会熱海新聞伊豆毎日新聞
■その他

 当イベントは県外住民参加も可能です。


▲1昨年2月リニューアルしたMOA美術館


▲今回ご案内の目玉は「光琳屋敷」。尾形光琳の終のすみかを復元したものです。国宝「紅白梅屏風図」もここで制作されたといいます。

===============
※8月21日「県民の日」は静岡県の誕生日。明治9年8月21日に当時の「静岡県」と「浜松県」が合併して今の静岡県が誕生してから、平成30年で142周年になります。
※本イベントは、静岡県主催による平成31年度「県民の日おもてなし体験イベント」事業として、当会主催で行われます。

PAGETOP
Copyright © (C) 2014-2019 Atami Machiaruki Guide no Kai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.